読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタパルト式!スープレックス!!

クールなものだけメディア!(クラフトビール・スタートアップ・音楽・デザイン)

🍻クラフトビール🍻のお祭りキムチフェスティバルに行ってきたよ!

 オランダではクラフトビールのイベントがたくさん開催されます。オイディプス・ブリューイング(Oedipus Brewing)が主催するキムチフェスティバル(Kimuchi Festival)はその中のひとつ。

 オイディプスというのは有名なギリシャ悲劇の主人公の名前なんですが、創業者がお母さんが好きだからついた名前なんだとか。なんでキムチかというと、やはり創業者のひとりが好きなラジオ番組の名前がキムチラジオ(Kimuchi Radio)という名前だったからだそうな。韓国のキムチとはあまり関係ありません。

f:id:kazuya_nakamura:20160816011642p:plain

 オイディプス・ブリューイングは2013年にクラウドファンディングで本格的に始まった比較的新しい醸造所です。彼らのビールはすでに大手のスーパーマーケットでも流通するくらい人気が出て、このようなイベントを主催するまで大きくなりました。ビールをちゃんと作り始めたのが2010年だというのだからすごいですね。

 イベント会場では多くの醸造所が出店しています。入場料を払うとテイスティング用のグラス(上の写真)がもらえます。入口でさらにトークンを買って、そのトークンでビールをそれぞれの出店ブースで買うという仕組みです。ビールは一杯1トークン(2ユーロ)なんで、高いんだか安いんだ微妙な値付け。でも、一回でこれだけたくさんのビールをテイスティングできる機会はないので頑張って飲みましょう!

なお今回はボクの作っているアプリ「バインドリー」のシェア機能(ベータ版)を使って写真をアップしています。それぞれのリンクをクリックすると写真や場所、一緒にいる人などの情報を見ることができますよ!この機能は今月末のアップデートでリリース予定です!それに合わせて日本語版も出るのでよろしくね!

 それでは一つ一つ見ていきましょう!

 まずは主催者であるオイディプス・ブリューイングのテントから。ここでは通常のビール以外にもいろんな醸造所とコラボしたコラボビールも出していました。そのうちの一つのサワービールがとても美味しかった!やっぱり最近はサワービールがキテいますね!

 続きまして雨水でビールを作ることで脚光を浴びているブロウワレイ・デ・プレル(Brouwerij de Prael)です。雨水でビールって大丈夫か?と思うのですが、水質管理はしっかりしているので全く問題ないそうです。

 続きましては新進気鋭のシネマ・ブリューワーズ(Cinema Brewers)です。映画をモチーフとしたビールがとてもユニーク。『パルプ・フィクション』をモチーフとしたFive Dollar Shakeや『バック・トゥ・ザ・フューチャー』をモチーフとしたBok to the Futureなど。ちなみにボック(Bok)というのはビールの種類の一つです。

 トゥー・シェフズ・ブリューイング(Two Chefs Brewing)もクラウドファンディングから生まれたビール。こちらのIPAはとても美味しいですよ!

 ヨペン(Jopen)は90年代に生まれたこの中ではちょっと年上なお兄さん的ビール醸造所。他にも幾つかお兄さん的な醸造所はあるのですが、こういう弟が頑張って出しているイベントにに出てくるヨペンはすごく優しいいいお兄さんだなあ!と思いました。

 他にもたくさんの醸造所が出店していましたが、まわれたのはここまででした。ライブステージが二つもあって、手作り感のあるとてもいいイベントです。この時期にアムステルダムに来る予定があれば、ぜひ参加してみてください!

その他の写真やビデオはこちらからどうぞ!

その他のビールネタ