カタパルト式!スープレックス!!

クールなものだけメディア!(クラフトビール・スタートアップ・音楽・デザイン)

オルタナティブな🎸ギター女子に😍恋してる!

 不定期にお届けする音楽ネタです。

 スージー・クワトロ以降、女性はベースを選ぶ傾向が強いです。

 ソニック・ユースのキム・ゴードンとかトーキング・ヘッズの ティナ・ウェイマス(下の写真)とか魅力的な女性ベース弾きはとても多いです。日本でもそうですよね。ゲスの極み乙女。のほな・いこかとかスーパーカーの古川美季とか昆虫キッズののもとなつよとか。サカナクションの草刈愛美とか。Base Ball Bearの関根史織とか。何の苦もなく名前がスイスイ出てきます。

http://p.twpl.jp/show/orig/E3TM3

 ではギターはどうか?意外といないんですよね。もちろんハードロックとかメタル界隈はいます。でも、そうじゃないんです。

 わかってもらえますかね?このそうじゃない感

Heart

 ハードな音楽は好きなんだけど、ガンズとかピストルズじゃないんだよなあ……と思っていた時に出てきたカート・コバーン!そういう感じのオルタナティブなギター女子。

 そんなボクが大好きなオルタナティブなギター女子を発表したいと思います。基準なんですが「ギターを弾いているこの人が好き!」であって「この人のギターが好き」というのとはちょっと違います。音楽よりも人物重視。

 人物重視といいうことなら美人だったらいいのか?といえばそうでもないです。ギターを弾いている女性といえば村治佳織とか、 大原櫻子とか、YUIとかmiwaとかすごく美人ですよね。村治佳織さんなんて間近でサインしてもらいました。実物もめっちゃキレイでカワイイです。でも、そういうんじゃない。オルタナティブかどうか。ここが重要です。じゃあ椎名林檎はどうか?あの人はギター弾いてる人であって、ギターメインじゃないからダメ。

井上芽衣子

 オイ!いきなり実在しない映画のキャラクターかよ!しかも、それほどオルタナしてねーじゃん!?アジカンじゃん?

 はい、わかります。まあ、それだけこの分野は人材不足ということなんですよ。最初はわかりやすい例ということで。原作の漫画、泣けるよね!!!

安めぐみ

 オイ!ギター弾いてねーじゃんかよ!プロモーションビデオに出てるだけだろが!

 いやいや、そうなんですけどね!ただ、このビデオに出てくる安めぐみはオルタナティブなギター女子はかくあるべしという理想像を提示していると思うんですよ!

橋本絵莉子(チャットモンチー)

 さて、そろそろ本当のギター女子行ってみましょう!ギター女子の代表選手と言っていいのではないでしょうか。オルタナ色は薄めだけど、変拍子が気持ちいいこの曲は大好き。

ゆう(GO!GO!7188/チリヌルヲワカ)

 いいっすねえ!この声、このギター!そしてこのルックス!オルタナティブしてるじゃないですか!そう。黒髪のストレート。茶髪のパーマじゃない。隈取みたいな化粧もしていない!

田渕ひさ子(Number Girls/bloodthirsty butchers/toddle)

 そういえば田渕ひさ子も黒髪のストレートですね。そしてTシャツ。鋲のついた革ジャンとか着ていない。ああ、なんかパターンが見えてきましたね!

柴田聡子

 わお!もうネタ切れかい!?この辺からだいぶ怪しくなってきました!彼女のアルバムのジャケットを見て一目惚れしました。音楽的にはロックしてないですが、歌詞がすごくロックです。オルタナティブです。まっすぐな性格じゃないんだろうなあ……と想像力が掻き立てられます。

「なかむらさんの趣味ってたまによくわからないです」と言われます。はい、自覚しています。でも、黒髪でストレートですよね!あれ?ちょっとくせっ毛か?まあ、いいじゃないっすか!

mmm

 ギター女子と言っていいのかどうか微妙ですがmmm(ミーマイモーと読みます)は音楽女子っぽいところがすごくいいですよね!子供の頃はシンガポールで育ったというバックグラウンドにも共感する。見た目もシンガポリアンな感じ。mc.sirafuと一緒にやってる七針でのライブとかすごくいい。

その他の音楽ネタ