読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタパルト式!スープレックス!!

クールなものだけメディア!(クラフトビール・スタートアップ・音楽・デザイン)

キミはザ・トッパーズを目撃したか!?

どこの国でも独自の音楽シーンがありますよね。日本だとアイドル文化とかジャニーズとかExileとかそれぞれのグループにさらに独自な文化があったりする。矢沢永吉のコンサート会場とかすごく楽しいですよね!

オランダで音楽といえばDJを思い浮かべる人は多いんじゃないかと思います。Nicky RomeroとかMartin Garrixとか。

sony-xperia-zl2-sol25.blogspot.nl

ちょっと脇道に逸れて、オランダの祝日の話。オランダで一番大きな祝日は国王誕生日(Koninginnedag)でアムステルダム市内の中心部ではDJのイベントがたくさん行われて、ビールを飲みまくって、仮装をした人がネリネリ歩き回ります。当然ながらボクも仮装してビールを飲んでDJの音楽で踊りましたよ!

その一週間後くらい、アムステルダム市内を歩いていると多くの人が金色ラメのジャケットや帽子、ズボンをはいています。

「あれあれ?国王誕生日はもう終わったのに、まだ仮装をやってる人がいるの?」

金ラメ軍団は市内中心部だけでなく、地下鉄の中でも見かけました。「さすが、オランダ最大のイベントだけあって国王誕生日の気分は長く続くんだなあぁ」なんて思っていました。ただ、ちょっと腑に落ちない。

しばらく後に、スタートアップが集まる定例の飲み会でこのモヤモヤした気持ちをぶつけてみました。

国王誕生日の一週間後くらいに金ラメの集団をたくさん見かけたんだけど、あれって何?」

「ああ、トッパーズがアムステルダムに来てたんだよ」

「なにそれ?グループなの?オランダのグループ?」

「ああ、そう。そうだよ」

「金色なの?」

「そう、まあ、年によって銀色だったり。色は変わるらしい」

語る口が重い。あまりトッパーズについて語りたがらない感じ。

そんな風に言われると俄然興味が湧いてくるのが人情というものです。早速YouTubeで調べてみましたよ!ドン!


De Toppers - Hollandse Medley 'Och Was Ik Maar'

おっさんです。三人の派手なおっさん達がザ・トッパーズ(De Toppers)です。もともとオランダで人気があった歌手が集まって結成したようです。北島三郎と五木ひろしと森進一のユニットみたいな感じでしょうか?

そうそう!こういう人たちがたくさん歩いてた!彼らの公式ウェブサイトを見てみると、何とリック・アストリーがゲスト出演するらしいですよ!想像しただけで鳥肌が立ちますね!

そのあとも事ある毎にザ・トッパーズについての意見をオランダ人にインタビューし続けました。彼らの多くはあまりザ・トッパーズについて語りたがらないんですよね。こんな感じです。

「トッパーズは人気があるよ、一部の人たちに。ただ、それはボクたちじゃないんだ」

「好きな人は大好き、好きじゃない人は好きじゃない。ボクはそっち側の人間じゃない」

「なんで人気があるのか?わからないよ!」

まあ、そうですよね。全ての人がExileが好きなわけではない。いやいや、ザ・トッパーズはオランダのExileだなんてボクは言っていませんよ!

19 -Road to AMAZING WORLD- (CD2枚組+Blu-ray2枚組) (豪華盤)

19 -Road to AMAZING WORLD- (CD2枚組+Blu-ray2枚組) (豪華盤)