読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタパルト式!スープレックス!!

クールなものだけメディア!(クラフトビール・スタートアップ・音楽・デザイン)

パネの豚汁

グルメ ネタ 海外

 

 

 

オランダでヨーロッパ野菜を使った料理を作ってみよう!シリーズの第二弾。前回のコールラビはこちら。今回の食材はパネです。オランダ語ではPastinaakといいます。

https://www.instagram.com/p/BFgfdJFGiak/

見た目はニンジンなんですが、ニンジンではありません。スーパーマーケットで見かけた時のボクの直感はゴボウでした。アムステルダムのスーパーマーケットではキャベツ、白菜、じゃがいも、玉ねぎとなんでもありますが、ゴボウがないんですよ。

うん、見た目はニンジンだがこれはゴボウに違いない!中華系のスーパーマーケットなら里芋もある!よし、オランダで豚汁を作ろう!

オランダで作る豚汁

さすがに豚汁ならクックパッドのお世話になることもなく自分で作れます。

用意した具材はこちら。

  • 豚肉 - 1パック
  • パネ - 2本
  • 里芋 - 3個(中華系スーパーで入手化)
  • コールラビ - 1個
  • 豆腐 - 1丁(中華系スーパーで入手化)
  • 味噌 - 適量(中華系スーパーで入手化)
  • ほんだし - 適量(中華系スーパーで入手化)
  • ごま油 - 適量
  • 七味唐辛子 - 適量(中華系スーパーで入手化)

やっぱりゴボウは下処理をしないとね!ということでまずはパネを切る。

https://www.instagram.com/p/BFiuYO8miVl/

ほら、なんかゴボウに見えてきたでしょ?包丁で丁寧に皮を取る。すると何やらハーブの香りが……なんかすっきり爽やかな香り。そして短冊切りに。あれ?なんか柔らかい。そして、ハーブの香りがより濃厚に。ちょ、ちょっと待って。これゴボウじゃないの?ということでGoogleさんに聞いてみる。

パネは忘れられた野菜

どうやらパネは「忘れられた野菜」という異名を持つゴボウとは違う野菜らしい。煮ると水分を多く含むらしい。うん、確かに硬いスポンジっぽい。たくさん水を吸いそうだ。煮物にも使うらしいので、豚汁の具材にしても支障はなかろうという判断で豚汁作り続行。爽やかな香りも味噌でけし飛ぶであろう。

そして、出来上がったのがこちら。

https://www.instagram.com/p/BFji2v0miRz/

お味なんですが、悪くはない。ただ、やっぱりこれって日本の豚汁じゃない。原因はもちろんパネですね。爽やかな香りは味噌で消し去られているものの、やっぱりなんか違う。食感は悪くないんですけどねえ。コールラビは豚汁との相性は良かったです。カブですもの。

結論

パネをゴボウの代わりに豚汁に入れるのはやめておこう!

その他のヨーロッパの野菜シリーズ