読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタパルト式!スープレックス!!

クールなものだけメディア!(クラフトビール・スタートアップ・音楽・デザイン)

スタートアップで起業する前に読むべき5冊

スタートアップ 経営 起業

スタートアップの起業家の方々からアドバイスを求められることがあります。ボクもまだ成功していない起業家なので、アドバイスもクソもないのですが生き続けた中で学んだことは惜しげなくお伝えするようにしています。スタートアップというのは助け合いが大事なので。

ただボクがするアドバイスというのは本を読んで得たものが多いですし、結局はその本を読んでもらった方が早かったりもするわけです。そんなわけで、起業する前に読んで欲しい本を5冊選んでみました。

1) リーン・スタートアップ

リーン・スタートアップ

リーン・スタートアップ

  • 作者: エリック・リース,伊藤穣一(MITメディアラボ所長),井口耕二
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2012/04/12
  • メディア: 単行本
  • 購入: 24人 クリック: 360回
  • この商品を含むブログ (93件) を見る
 

 説明するまでもない今のスタートアップのバイブルですね。意外と読んでない人が多いんですよこれ。起業するのであれば、お願いですから読んでください。

2) 実践リーンスタートアップ

Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES)

Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES)

  • 作者: アッシュ・マウリャ,渡辺千賀,エリック・リース,角征典
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2012/12/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 3人 クリック: 14回
  • この商品を含むブログ (18件) を見る
 

 『リーン・スタートアップ』は概念を理解するにはいいのですが、実際どうしたらいいの?という答えを知るにはこちらの『実践リーンスタートアップ』の方がいいです。作者のアッシュ・マウリャはリーンキャンバスで有名ですね。

3) トラクション

トラクション ―スタートアップが顧客をつかむ19のチャネル

トラクション ―スタートアップが顧客をつかむ19のチャネル

  • 作者: ガブリエル・ワインバーグ,ジャスティン・メアーズ,和田祐一郎
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2015/05/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 グロースハックを理解するには何がいいのかと考えたのですが、実践するにはこの本が一番いいかなと。どんないい製品でも売れなければ仕方がないですよね。いい製品であれば勝手に売れるはず!などという幻想を持っていてはいけません。そんな製品が作れる可能性は1%もないですから。

4) Lean Analytics

Lean Analytics ―スタートアップのためのデータ解析と活用法 (THE LEAN SERIES)

Lean Analytics ―スタートアップのためのデータ解析と活用法 (THE LEAN SERIES)

  • 作者: アリステア・クロール,ベンジャミン・ヨスコビッツ,林千晶,エリック・リース,角征典
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2015/01/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

 リーンスタートアップもグロースハックも計測することがとても大事です。そして、一つの指標に絞り込んで徹底的にやり尽くすということが大事です。じゃあ、どうやってデータを見たらいいの?というのを親切に解説してくれているのがこの本です。絶対に読みましょう。

5) 起業のファイナンス

起業のファイナンス 増補改訂版 ベンチャーにとって一番大切なこと

起業のファイナンス 増補改訂版 ベンチャーにとって一番大切なこと

 

 起業家=経営者なわけで、経営者の一番の仕事はお金を枯渇させないことです。お金がなくなったら何もできません。これはすぐに読まなければいけないわけじゃないですが、時間があったら読んでおいたほうがいいでしょうね。

まとめ

他にもアジャイルやデザインのこととか色々知っていたほうがいいことがあるんですが、以上の5冊は起業家=経営者として知っておいて損はないです。この5冊を読めばわかるのですが、スタートアップのノウハウはかなり体系化されてきていますし、具体的なデータを使って判断ができるようになってきています。それを実践できているかできていないかで成功の確率はかなり変わってきます。アイデアを生み出すのは芸術なのですが、それを育てるのは科学であり数学なんです。頑張って数学しましょう!