カタパルト式!スープレックス!!

クールなものだけメディア!(クラフトビール・スタートアップ・音楽・デザイン)

何かを習得するコストを理解して、それでもやるのであればなんでもできる。

 あれできたらいいな!これできたらいいな!ってありますよね。ボクはズーーーーーと楽器が弾けるようになりたいのですが、未だに弾けません。絵も上手くなりたいですが、全く上手くなる気配がありません。プログラムもバリバリかけるようになりたいです。でも、人並みにはできないっす。その理由はわかってます。このコストに対して自分自身をコミットしていないというだけです。

 その代わりと言っては何ですが、英語と中国語は話せます。フランス語とドイツ語もやり直せばまた話せるようになると思います。英語と中国語は未だに勉強し続けています。本を読む。わからない単語があれば辞書で調べる。普通のことを普通にやり続けています。

 いま、オランダに住んでいます。オランダ語が話せるようになれば色々世界が広がるのはわかっています。でも、勉強しません。オランダ語がまともに話せるようになるまでの時間と労力がわかってるから。言葉を覚えるって気軽にはじめられるものではないです。

 たぶん、英語が話せるようになりたい!という人はたくさんいるんですよ。実を言えば、誰でも英語なんて話せるようになります。誰でも楽器が弾けるようになるし、誰でもプログラミングができるようになります。誰でも料理ができるようになるのと同じです。

 なんで英語を話せる日本人が少ないか?習慣になるくらい毎日コツコツとやり続けないからです。毎日です。中学から高校まで授業でやった?それで話せるようになんかならないですよ。国語の授業を受けても小説を書けるようにならないし、理科の授業を受けても科学者になれるわけじゃない。あたり前じゃないですか。学校の授業は入り口なんですよ。入り口からどこまでいくかはあなた次第。

 毎日フラッシュカードを使って単語を覚える。毎日外国映画を傾聴しながら観る。英語の歌を歌ってみる。これを一年くらいやってればそこそこ話せるようになります。ただ、毎日やらないとダメです。それが習慣になるくらいやれば英語を話せるようになります。何語でもいいですけど。

 ピアノだろうがプログラミングだろうが同じですよね?毎日みっちりやれば一年くらいでそこそこにはなるんですよ。三日おきとかダメですよ。三日たてば覚えたことなんてすっかり忘れます。進歩しない。だから嫌になる。毎日やれば違う。それをさらに二年、三年と毎日続ければ磨きもかかります。

 ボクは中国語は40歳を過ぎてから覚えはじめましたが、今ではちゃんと話せますよ。年齢なんて関係ないです。毎日すっごく勉強し続けた。ただそれだけです。それがどれだけ大変か分かっているので、オランダ語は始める気になりません。中途半端にやっても大した効果ないですから。だったら今できることに磨きをかけたほうがいい。

 何事も習得するには努力が必要です。努力を惜しまないのなら誰でもなんでも習得することができます。どこまでの高みに登れるかってのは別の話ですが。世界トップレベルとなると才能とか環境とかも大事なんでしょう。でも、平均的に出来るくらいなら誰でもできるようになると思います。時間をかけずに簡単になんてないってだけです。