読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタパルト式!スープレックス!!

クールなものだけメディア!(クラフトビール・スタートアップ・音楽・デザイン)

ヤッホーブルーイングに教えてもらった日本のクラフトビールの「これまで」と「これから」

 カタパルト式では様々なインタビュー記事を書いてきましたが、なんと今回は初めて日本の会社にインタビューです!初の日本インタビューは日本のクラフトビールをリードする『よなよなエール』のヤッホーブルーイングさん。コンビニでも『水曜日のネコ』を見かけますよね!

 今回インタビューに答えてくださったのは広報の根来桜さんです。日本ではクラフトビールは独自の発展をしてきたんですよね。創業当時からエールにこだわっていたヤッホーブルーイングの「これまで」と「これから」を教えてもらいましたよ!

f:id:kazuya_nakamura:20170201155439j:plain

【カタパルト式なかむら】

 本日はインタビューを受けていただきましてありがとうございます。ボクは10年ぶりに海外から日本に帰ってきましたが、日本でもクラフトビールが盛り上がっていますね!ボクが日本にいた頃は1990年代後半の地ビールブームが落ち着いた頃でした。

 今でも友達にクラフトビールを説明しても「それって地ビール?」と言われたり。以前の地ビールブームと今のクラフトビールを比べて何か違いはありますか?

【ヤッホー根来桜さん】

 まず変遷について説明させていただくと、地ビールブームは地域おこしの側面が強く、当時さまざまな団体が一気に地ビールを造り始めたため爆発的に流行しました。しかし、そのブームは一過性にとどまってしまった。

 その要因は3つあると考えていて、「価格が高い」「個性的すぎる」「品質が悪いものもある」の3つです。お客様の間で「地ビール」に悪い印象がついてしまい、多くの地ビールメーカーは廃業せざるを得なくなりましたが、ブーム終了後も技術と品質を磨き、お客様に支持され生き残った企業たちもいました。そういった企業が現在のクラフトブルワリーの主体です。

 現在クラフトビールが支持されているのは、地ビールブーム時と比べて消費者の嗜好が多様化したことと、前述したメーカー側の努力が実って品質の良い(世界的なコンテストなどで受賞できるレベルの)ビールが造られるようになったことが要因だと考えています。それらがブームとしての大きな違いですね。

【カタパルト式なかむら】

 ボク自身もブームの時に何回か地ビール試したことがあったけど、今みたいにビールにハマることはなかったです。ボクの場合はヨーロッパでビールにハマったんです。単純にビールを飲むのが楽しかったんですよ。いろんな種類があって。一週間に二本か三本は別のビールを飲んでました。

【ヤッホー根来桜さん】

 なかむらさんの体験は弊社の創業者の体験と近いですね!弊社はミッションとして「ビールに味を!人生に幸せを!」を掲げ、画一的なビールしかなかったビール市場にバラエティを提供し、日本のビール文化をもっと豊かで面白いものにしたい!と考えています。これは弊社は創業者が海外でエールビールを飲んで感動した体験からきたものなんですよ。そのため創業当時から一貫してクラフトビールの楽しさである「バラエティの豊かさ」を提供すべく様々なスタイルのエールビールを造り続けています。

 今後も、日本のクラフトビール市場にさまざまなビールを提供し、ミッション実現のために活動していく方針です。

f:id:kazuya_nakamura:20170201155719j:plain

【カタパルト式なかむら】

 日本のクラフトビールはどちらかというとそれぞれのジャンルで王道的な方向性が多い印象があります。それはそれで悪くはないし、賞も取りやすいと思います。ただ個々の醸造所の個性が見えづらかったりする。クラフトビールの楽しさって優劣じゃなくて、バラエティーの楽しさだと思うんですよ。

 でも、ヤッホーブルーイングさんは色々と挑戦してますよね!

 吉祥寺のビアワークスでいただいたBlack IPAはとてもユニークでおいしかったです。また「前略シリーズ」では色々と新しい味に挑戦していて、そのスピリット的な部分が世界の醸造所に非常に近いものを感じました。ヤッホーブルーイングさんが目指す「人生に幸せを!」って具体的にどんな感じで現れてくることに期待していますか?

【ヤッホー根来桜さん】

 Black IPAも飲んでいただいて、ありがとうございます!様々なスタイルの個性豊かなビールを味わうことで、「クラフトビールってこんな味があるんだ!」とお客様に知っていただくこともミッション実現への一歩だと考えています。

 イベントや足を運んでくださるお客様を見ていると、本当にいい顔で笑っていらっしゃるんですよね。弊社のクラフトビールそのものを楽しむだけじゃなくて、「クラフトビールを飲む」という体験を通して、仲間と繋がれたり、自分の好きなものを発見したり、それぞれの楽しみ方で思い思いに楽しんでいらっしゃる。私たちは、私たちのバラエティ豊かなビールを飲んでくださった方に、ささやかながら幸せを提供したいと思っていて、それが「ビールに味を!に人生に幸せを!」というミッションの実現にもつながるのではと考えています。

f:id:kazuya_nakamura:20170201160355j:plain

【カタパルト式なかむら】

 ヤッホーブルーイングさんのパッケージングにもこだわっていますよね。日本にはビール以外にもサワーやハイボールといったライトなアルコール飲料がたくさんあります。そしてヤッホーブルーイングさんのパッケージングは伝統的なビールよりもカクテルやサワー系のパッケージングに近い。これは伝統的なビールファンとは違う新しいファン層を取り込むことを意識したりしてるのでしょうか?

 ヨーロッパでこれほどクラフトビールが広まっているのは伝統的なビールを飲んでいる人だけでなく、ワインやビール以外のライトなアルコール飲料のファンを取り込んでいるからですよね。普通のビールじゃなくてクラフトビールを飲むのってステートメントだったりもするんですよ。ビルボードトップ10じゃなくてインディーの音楽を聴くみたいな。だからパッケージングもおしゃれなものが多い。

【ヤッホー根来桜さん】

 仰る通り、大手さんが長年造ってきた「ラガービール(の中のピルスナー)」が元々好きな人に飲んでいただくだけでは、それ以外のお客様に「ビールってこんなに色々な味があって美味しいんだよ!」というメッセージを伝えきることができません。それよりもむしろ、味だけでなくパッケージやネーミングも従来のビールのイメージをいい意味で裏切るような製品を造ってこそ、普段ビールを飲まない人にもクラフトビールの美味しさ、楽しさを伝えられるのでは、と考えています。

f:id:kazuya_nakamura:20170201160923j:plain

【カタパルト式なかむら】

 ブリュードッグやミッケラーみたいな大きなクラフトビール醸造所も複数の醸造所とのコラボも盛んですし。ビールフェスがあるとやはり複数の醸造所が新作を用意して反応を試して見たり。ビール業界の横のつながりがとても強い印象があります。日本ではどうでしょうか?

【ヤッホー根来桜さん】

 クラフトビール業界の横のつながりは非常に強いです。日本国内だけでなく、海外ブルワリーとの交流も盛んで、ヤッホーブルーイングでは昨年にアメリカのOSKAR BLUES BREWERYとのコラボビールを造ったり、数年前に同じくアメリカのFire Stone Walkerのビアフェスに招待してもらったりしています。特にブルワー同士はいろんな情報交換やアイデアの交流などをすることで、お互いに切磋琢磨をして技術向上につとめています。

【カタパルト式なかむら】

「ビールに味を!人生に幸せを!」ってとても素敵なミッションだと思います。 是非これからも味のある美味しいビールでたくさんの人の人生を彩り豊かにしてください!ボクももっとビールで幸せになりたいですwww

(当然ボクはこんなにうまく写真を撮れないので今回の写真はすべてヤッホーブルーイングさんからご提供いただきました。ありがとうございました!無断転載とかしちゃだめよん。写真クレジット:株式会社ヤッホーブルーイング)

過去のクラフトビール関連記事

デザイン・チューズデイ!ソ連のレトロフューチャー!ブランドでPPAPしてみた!

ソ連のレトロフューチャー!

http://weburbanist.com/wp-content/uploads/2017/01/soviet-town-signs-1a-960x644.jpg

 スプートニクで世界に先駆けて人工衛星を打ち上げたりソビエトってフューチャリスティックなイメージありますよね。そういうイメージを頑張って作り上げた遺跡が今になっていい味を出している。

ブランドをPPAPみたいにマッシュアップ!

 フランスのデザインスタジオがピコ太郎のようにブランドを別のパッケージングとくっつけて遊んでました。牛乳パックに入ったシェルの石油ってやだなあ。

データ可視化のツールボックス!

 データのビジュアライゼーションツールってたくさんありますよね!こういうのって一から作るのは大変だから非常に便利です。とはいえ、たくさんありすぎてその全容がよくわからない。そんな時にツールボックス的にまとめてくれるところはありがたいですね。

過去のデザイン・チューズデイ

カタパルト式よりぬきSpotify!Thundercat、Real Estate、Major Lazerなど

 アルバムばかり紹介してるとフレッシュ感がないというか、今の時代に即してないなあと反省。これからはシングルのニューリリースで気になった曲も紹介しますよ!アルバム三枚よりも気になった作品をたくさん紹介したほうがいいでしょ!?

[EP] Show You The Way by Thundercat

 フライングロータス一派のサンダーキャットの新曲。マイケル・マクドナルドとケニー・ロギンスが参加ってのが?!?!?!?!って感じですよね!まあ、いつものビューティフルでストレンジなサンダーキャットではあります。

[EP] Darling by Real Estate

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/37/Martin_Courtney_-_2013_Melbourne.jpg?uselang=en-gb

 米国インディーバンド、リアル・エステートの新曲。スムースなんだけどちょっと変拍子が入るところが気持ちいい。彼らの名曲と言われる6年前のシングル『Green Aisles』にちょっとフックを効かせた感じ。4月に発売される予定のニューアルバムに期待。

[EP] Run Up by Major Lazer

 ダンスホールレゲエからEDMにアプローチしているメジャー・レイザーの新曲。M.I.A.人脈ってことで、なるほどなあ!な感じ。

[EP] Paris by The Chainsmokers

 今年に入っても快進撃が止まらないチェインスモーカーズの新曲。それにしてもなんでEDMのミュージックビデオって夏が多いんでしょう?

The Kids by Suchmos

 ホンダ「VEZEL」のCM曲にもなった『STAY TUNE』収録の第二作目。前作でミクスチャーロック的に注目を浴びた時は正直言ってあまり興味なかったんですが、今作は落ち着いてジャジーな感じが好きです。

Three Worlds: Music From Woolf Works by Max Richter

 ポストクラシカルのオリジネーター。マックス・リヒターの新譜。ピアノとストリングスとデジタルを使って静かなんだけど盛り上がりもちゃんと用意するポップな感性の持ち主。

過去のカタパルト式よりぬきSpotify!

デザイン・チューズデイ!マイクロソフトがデザインリーダー!?、日本がUIでリーダーシップ!?、絵本の植物が本物に!?

インタラクティブデザインの巨匠がアップル、グーグル、マイクロソフトのデザインを評価してみたよ!

 ドン・ノーマンはインタラクティブデザインの第一人者。アフォーダンスなど彼が定義したインタラクティブデザインの重要ポイントを知らないデザイナー(実際すごく多い)はモグリのデザイナーというくらい重要な存在。そんな彼が現時点でのハイテク企業のデザインを評価していました!

 なんと、現時点でのデザインリーダーはマイクロソフトだそうです!確かにSurfaceとかHoloLensとかインタラクティブデザイン的にかなりガンバってますよね!

トイレのユーザービリティー向上を目指したUI標準化を日本がリード

http://assets.itsnicethat.com/system/files/012017/587f4b917fa44cc1b3001c85/images_slice_large/Japanese_Toilet_Icons_Its_Nice_That.jpg?1484738607

 ボクは外国で多くの時間を過ごして来ましたが、日本が世界に誇れるものは三つあると思います。食事、風呂、トイレです。これに関しては日本最強!トイレのUIデザインの標準化で日本がリードをするのは全く違和感がないし、世界でもそれがニュースとして取り上げられるも不思議ではないっすよね。

スース博士の絵本の植物を本当に作ってみる

 スース博士の絵本では面白い動物や植物がたくさん出て来ます。実際の植物をベースにしてスース博士の考えて植物を作ってみてしまったのがマレーシアのアーティストのノリーンさんです。

過去のデザイン・チューズデイ!

 

カタパルト式よりぬきSpotify!Vitalic、Loyle Carner、YMCK

 先週は実はシングルのリリースが充実していたりして、今後が楽しみだなと!アーケイド・ファイヤーとかジョン・メイヤーとか。あとダーティー・プロジェクターズもちょこちょこと。やっぱりアルバム単位の時代じゃなくなってるんですかね!

Voyager by Vitalic

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/24/Vitalic_sur_scene_aux_Solidays_de_Paris_2014.jpg

 ヴァイタリックはフランスのアーティスト。テクノはドイツ、EDMはオランダって感じがするんですが、フランスのアーティストやDJは電子音楽にポップなんだけどインテリジェンス(エスプリ?)を加えた独自な感じがしますよね。

Yesterday's Gone by Loyle Carner

 イギリスのヒップホップアーティストのデビューアルバム。フィールグッド・ヒップホップなどと言われているようですが、なるほど聴きやすいです。

Family Swing by YMCK

 いつも安定、安心のYMCK印。ジャジーでポップな8ビット音楽。もうちょっと冒険してほしいと思う反面、この変わらなさが個性なのかなと思ったりもして。

過去のカタパルト式よりぬきSpotify!

海外宅配のUber、ピギービーに新しい配送の形「シェアデリバリー」について聞いてきたよ!

 配送サービスってアツいですよね!アマゾンプライムが火付け役ですが、最近話題のUberEatsのようなフードデリバリーも広い意味で配送サービスです。インターネットの時代になってもモノは相変わらず運ぶし、時代に合った配送サービスが求められているということです。

 アマゾンプライムのように既存の物流業者と手を組む場合もあるし、UberEatsのように独自のネットワークを作る事業者もあります(参考:UberEATSの配達員をやってみたら、長文になった : akiyan.com)。今はみんな手探り状態で、だからアツいんでしょうね!

 さて、いま話題になっているのはどちらかといえば国内を対象としたローカルデリバリーですが、海外を対象とした海外配送サービスも出始めています。今回はそんな海外配送のパイオニアであるベルギーのピギービー(PiggyBee)に話を聞いてきましたよ!インタビューに答えてくれたのはCEOのDavid Vuylstekeさんです!

f:id:kazuya_nakamura:20170115222808j:plain

ピギービーはどんなサービスですか?

 ピギービーはモノを運ぶ人とモノを運んでほしい人を結びつけるプラットフォームなんだ。モデルとしてはUberやAirbnbに近いかな。フェデラルエクスプレスとかUPSのような既存の物流業者ではなくて、人と人をマッチングするサービスだね。Uberがタクシーの代替、Airbnbがホテルの代替ならピギービーはフェデックスの代替だよ。

 既存の宅配業者より安く、楽しく、持続可能なやり方で国をまたがるモノの移動を実現するんだ。2012年からもう5年もやってるんだ。この分野ではパイオニアといってもいいんじゃないかな。

ピギービーを使ってどんなものを運べるんでしょうか?

 想定しているのは個人向けのものだよね。旅先で置き忘れたカバンやカギとか。あとは海外に住む家族への贈り物とか。これは自分が旅行中で海外にいて、自分の国から旅行中の国に送ってもらう場合。

 あと、自分自身が海外でしか手に入らないものを欲しい場合とかね。これがピギービーのユニークなところかな。自分は旅行をしなくても、旅行する人に自分の国に運んでもらう。例えば利用者は欲しいものを旅行者に買ってもらう。それはオンラインかもしれないし、実際のお店で買ってもらうのかもしれない。そして、それを運んでもらう。普通の配達業者だったらそんなことしてくれないよね!

ピギービー自体は運んで欲しい人と運ぶ人を繋げるコミュニティーで、サービスは無料です。これをどうやってビジネスにしてしていくんですか?

 ここ数年はコミュニティーを大きくすることにフォーカスしていたんだ。それなりの大きさにならないとビジネスにならないからね。今年から新しいビジネスモデルを展開するよ。ペイメントのプラットフォームになるんだ。利用者は運んでくれた人に金銭的なチップを渡すことができる。あと、買い物をしてもらうためのお金も支払うことができる。ピギービーは実際にものが配達されるまでお金を預かっておく。そして、そのお金の数パーセントを手数料として受け取るモデルなんだ。

f:id:kazuya_nakamura:20170115222916j:plain

ピギービーはサービスの対価として金銭的ではないチップ(空港へピックアップに迎えにいくなど)を推奨しています。これはどうしてですか?

 ボク達はシェアという考え方にとても気をつけているんだ。ユーザー同士がサービスし合う(シェア)ということはお互いに会うということだよね。つまり旅行者と地元の人が出会うということだ。

 ピギービーはお金の交換ではなくサービスを交換することによって、可能な限り自然で人間らしいサービスでありたいと考えているんだよ。

これまでの利用者からどんなフィードバックがありましたか?

 インターネットではピギービーを使ったたくさんのストーリーがあるよ。ドーンというShare Travelerというサイトをやっているアメリカの人は、スペインの旅行の途中にピギービーで靴を運んだんだ。そのストーリーを彼のサイトで公開しているよ。靴を運んだ後、その地元での出会うことによって、入手困難だった飛行機チケットが買えたんだ。靴を買って助けてあげたことで、後になって助けてもらえたんだよ。

 サミーというベルギーの人はタンタンの大ファンなんだ。日本でもタンタンは大人気らしくって、日本でしか売ってないカレンダーが欲しかったんだよ。そしてピギービーをよく利用してくれているフランスの人がサミーのために日本でそのタンタンのカレンダーを買って届けてあげたんだ。

過去のインタビュー記事


デザイン・チューズデイ!博物館の倉庫では?、本当のヨーロッパ、ビックリハウスなアート

博物館の倉庫はもっと野生っぽいよ!

http://kpic.at/wp-content/uploads/2014/02/skeletons-008.jpg

 博物館にはたくさん展示しています。そして、いつも新鮮な体験を提供するために、展示物を入れ替えをしています。展示していない展示物は倉庫に入っているわけですよ。ウィーンの自然博物館で展示していない展示品で面白いことをやっちゃおう!というプロジェクトがこちらです。なんかカワイイですよね。

PROJECTS: Skeletons in the closet | Klaus Pichler

数字で見る本当のヨーロッパ

 みなさんがヨーロッパに持っているイメージってどんな感じでしょうか?歴史が長くってオシャレな国がたくさんある?いやあ、残念ながらそんなことないんですよ!というチャートをたくさん紹介しています。

めまいがしそうな部屋

 This is colossalでめまいがしそうな部屋をデザインしているウィーン在住のアーティスト、ピーター・コグラーさんを紹介していましたよ!遊園地によくあるビックリハウスのアート版といった感じですね!

過去のデザイン・チューズデイ!