カタパルト式!スープレックス!!

クールなものだけメディア!(クラフトビール・スタートアップ・音楽・デザイン)

ティム・オライリーが語るプラットフォームの未来

Tim O'Reilly (3)

 ティム・オライリーは技術系の人なら必ず一冊は持っているオライリーメディアの創始者で、現在でもその発言は大きな影響力を持っています。彼が新しい本『WTF!』を発売するのに合わせてa16z*1のポッドキャストでベネディクト・エヴァンスと対談をしていました。

 非常に示唆にともよい対談でしたので、要点だけ書き起こしました。英語の聞き取りに自信がある人は実際のポッドキャストを聞いてみてください。

  • プラットフォームはうまく行くこともあれば、いかないこともある。ビジネスモデルも同じ。既存のタクシー会社はアプリを使っただけでUberやLyftとの競合に勝つことはできない。アプリはビジネスモデルの構成要素の一つでしかない。基本的なビジネスモデルとそのプラットフォームを変えなければ勝てない。
  • アルゴリズムエコシステムは現在のプラットフォームの中心。アルゴリズムは何かを最適化する。Googleなら関連性を最適化するし、Facebookならエンゲージメントを最適化する。そしてフェイクニュースの論争を見てもわかるようにアルゴリズムは間違った方向に行くこともある。
  • エコシステムがどこで間違ったかといえば、IBMやマイクロソフトの独禁法違反が思い浮かぶ。両方ともテクノロジーエコシステムの企業だがいつのまにかエコシステム自体と競合するようになった。
  • 利益の最大化のために動くのが企業のロジックだが、偉大な企業が必ずしもそれがそのロジックで大きくなったわけではない。例えば初期の広告に対するGoogleの姿勢。自分たちの利益とエコシステムのための利益が相反することがあり、多くの場合はエコシステムの利益を優先した方が中長期的に結果が出る。
  • その企業にとって本当のビジネスモデルとはなんなのか。Googleの競合も移り変わっている。その結果としてエコシステムからでなくGoogle独自のコンテンツを提供するようになってきている。それによりむしろFacebookに対して持っていた優位性(関連性の最適化)を失いかけている。Google自体が目的地にしようとしている。本来の戦略的な強みは目的地にたどり着くための強力な中継地点であったのに。
  • ソフトウェアで儲ける仕組みは二つしかなく(バンドリングとアンバンドリング)、その意味においてモバイルは2000年のPCの位置付けにある。エコシステムは成熟して、次を探している。しかしスマートフォンではUberやLyftのような新しいホワイトスペースが常に発見されている。モバイルバンキングは前から言われてたが、モバイルタクシーを予見する人はいなかった。
  • ノースクリーンの可能性。これまでのインターフェースより摩擦が少ない。Amazon Echoや一部の成功しているスマートウォッチの成功要因の一つはスクリーンがないことを前提に開発されていること。これから複数のデバイスをまたがる水平プラットフォームが出てくるか興味深い。そのための標準化もあるだろうが、必要最低限になるのではないか。
  • フェイクニュースやスパムなどプラットフォーム自体に問題を抱えていて、いまはそれをデバッグするときに来ていると考えている。経済はハードサイエンスというよりもゲームデザインに似ている。ゲームのルールをもう一度見直す大きな機会がある。
  • 自由経済は実験の基盤。2つの実験を一つの大企業でやるよりも数百の実験を数百の小さな企業で行うのがシリコンバレー。昔はスタートアップを立ち上げる目的はビジネスを立ち上げることだった。いまはエグジットすることが前提となっている。彼らのプロダクトはむしろ金融商品に見える。

翻訳:カタパルト式スープレックスなかむらかずや

soundcloud.com

 

*1:ベンチャーキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツ - Andreessen Horowitzの最初のAと最後のZの間に16のアルファベットがあるのでa16zと表記している。技術でよく使う表記法。例えばローカライゼーションならi10nだし、インターナショナリゼーションならi18nとなる。

世界で最も進んでいるイギリス政府のデジタル変革全容:2017年度版 "Government Transformation Strategy"

f:id:kazuya_nakamura:20171014124341p:plain

 この記事は英国政府のデジタル変革の基本方針を説明しているGovernment Transformation Strategyの現時点での最新版の翻訳です。アジャイル、サービスデザイン、デザイン思考など文脈にモダンなアプローチを感じることができる素晴らしい戦略です。

 イギリス政府は2012年にはGOV.UKを立ち上げて10省庁1700サイトの41000ページをひとつのウェブサイトに統合し、さらにGitHubにソースコードを公開しました。海外の多くの政府機関がこのイギリス政府のをお手本としているため、このような取り組みは今ではそれほど珍しくないかもしれません。そういう結果もあり、この文章は結果に基づく自信に満ち溢れています。自分たちが一番と言い切ってるし!

 しかし、残念ながらイギリス政府のデジタル変革の事例を日本で紹介する記事をあまり見る機会がありません。その結果(だけではないでしょうが)、日本の公共サービスはこの大きなデジタル変革の流れに乗り遅れている気がします。全てを一度に紹介することはできないものの、基本方針を説明しているこの最新のドキュメントを日本語化することで、日本の人たちにも海外の政府がどのようにデジタル変革に向き合っているのか知るきっかけになればと考えています。どうぞ、お楽しみください!

カタパルト式スープレックスなかむらかずや

The Government Transformation Strategy 2017 to 2020

  • The Government Transformation Strategy 2017 to 2020
  • 大臣による序文
  • イントロダクション
  • ビジョンと目的
    • ビジョン
    • 目的
  • ビジネス変革
    • 2020年までに何をするか:
  • 人材、技術、文化を育てる
    • 2020年までに何をするか:
  • 官公庁職員向けのより良いツール、プロセス、管理を作る
    • 2020年までに何をするか:
  • さらなるデータ活用
    • 2020年までに何をするか:
  • 共通プラットフォーム、コンポーネント、再利用可能なビジネス機能の構築
    • 2020年までに何をするか:
  • 2020年以降のビジョン
続きを読む

大規模デザインシステムを作る:いかにしてアメリカ連邦政府のデザインシステムを作り上げたか

原文:"Building a large-scale design system: How we created a design system for the U.S. government" by Maya Benari, October 3, 2017

 現在、ほぼ30,000の米国連邦政府のウェブサイトがありますが、それらウェブサイトの間に一貫性はほとんどありません。テクノロジーの分野で働く数十万人の政府機関の職員がいますが、彼らの携わるウェブサイトの構築や管理方法に共通点はありません。

 その結果、政府はユーザーが十分に満足できないサービスに多くのリソースを費やしています。連邦政府のウェブサイトは行政が提供するサービスの正面玄関です。アメリカ政府と何らかの接触をはかるときユーザーが最初に出会う場所です。米連邦政府一般調達局のFederal Front Doorイニシアチブの調査からウェブサイトなど行政サービス接点がよくないと、その行政サービスに対する国民の信頼も低下することがわかっています。

 私は多数のルールからなる複雑なシステムを統一し、全米のユーザーにサービスを提供するデザイナーと開発者のチームの一員でした。このプロジェクト通じて得られた知見 − 業界標準のベストプラクティスを活用し再利用可能なコンポーネントからなるデザインシステムをいかに作り上げたか − 共有したいと思います。また、このデザインシステムによって連邦政府機関のプロジェクトに携わる政府機関チームがシンプルで効率的で一貫性のある体験を迅速かつ低コストで作り上げられるようになったか紹介します。

課題:政府系ウェブサイトにおける一貫性のないユーザー体験

f:id:kazuya_nakamura:20171011100810p:plain

政府系ウェブサイトにおける一貫性のないユーザー体験
続きを読む

欧米で頭のいい人達が自然と使っている知識の整理整頓

 ちょっと前に効率的な勉強の習慣について書きました。「入れて、調理して、出す」でしたね。「調理して」には整理整頓も含まれるのですが、今回はこの知識の整理整頓の話。知識を入れるのはインターネットで検索したり、キュレーションメディアをチェックしたりして簡単に手に入るようになりました。でも、それだけで知識って使えるわけじゃないんですよね。

 実際に頭のいい人と話をしているととても知識の整理整頓がうまいんです。特に欧米の人と話をしている時にそれを感じます。それは彼らに自然と備わった整理整頓というか分類方法があるからなんだと思います。それは「クラシック」と「モダン」で分ける整理術。これを使えば普段の生活から会社の経営まで整理して理解することができますよ!さらに「ポストモダン」まで理解して整理できれば未来の社会がどのような方向に進もうとしているかも理解できます。いまの自分はどんな状態なのか理解するのにいいのですね。

  • 普段のことはクラシックとモダンで整理整頓
  • ガリレオ・ガリレイはクラシックかモダンか?
  • モダンなニュートンやアインシュタインは現代的か?
  • 現代的なアプローチの代表例
続きを読む

ギネスブックに載ってる大塚のワインバー『レアンドロ』にマデイラワインについて聞いてきた!

 MakuakeでのマデイラワインのクラウドファンディングキャンペーンのIT担当としてStrikinglyでランディングページを作ったり、MailChimpでマーケティングオートメーションを設計したりしました。本当はLINE@も使いたかったのですが、今回は承認が間に合わず。残念!

www.makuake.com

 さて、今回はお仕事としてではなくプロボノとしてこのキャンペーンを支援しています。それでもボクは自分が知らない商品やブランドについてプロモーションとかしたくない。やるからにはきっちりと理解したい!

 そんなわけで、今回の主役、『レアンドロ』のオーナーである鈴木さんにみっちりとマデイラワインについて聞いてきました!興味を持ってくれたらクラウドファンディングの支援もよろしく!

f:id:kazuya_nakamura:20170818180718j:plain

  • マデイラワインをひと言で
  • マデイラワインの特徴(300年保つ果実感)
  • マデイラワインの作り方(太陽の熱でじっくり酸化)
  • マデイラワインの分類
    • 単一品種
    • ブレンド
  • マデイラワインのぶどう
    • 白ぶどう
    • 黒ぶどう
  • マデイラワインの代表的な醸造所
    • バーベイト社 (Vinhos Barbeito)
    • ブランディーズ社 (Blandy's)
    • ドリベイラ社 (D'Oliveiras)
    • ジュスティーノス社 (Justino's)
    • エンリケシュ&エンリケシュ社 (Henriques & Henriques)
    • ボルジェス社 (H.M.Borges)
    • マデイラ・ヴィントナーズ社 (Madeira Vintners)
続きを読む

勉強は料理に通じる:頭のいい人の効果的な勉強の習慣

 ボクは高校生のころまで勉強が大嫌いで、実際に成績もよくなかったです。あまり学校にも行かなかったです。担任の先生には「お前みたいなやつがろくでなしになるんだ」と言われました。あ、これは当たってたのかもしれませんが!

 ボクが勉強が好きになって、いろんな知識を吸収できるようになったのはアメリカの教育方法に触れてから。アメリカの学校ではエッセーという小論文をとにかく書く。そのためには文献となる本をたくさん読んで、それを論理的に整理して、エッセーとして形にしなければいけない。この量が半端でなく、ボクはいまでも夢でうなされるくらいです。

 とはいえ、その根本となる考え方ってあまり難しくない。料理とちょっと似てる。原材料を用意して、調理して、お皿に盛って料理として出す。知識という材料を頭の中に入れて、それを自分なりに考え、自分の意見として出す。つまり勉強というのは「入れて、調理して、出す」というプロセスなんです。周りをよく観察すると、頭のいい人ってこれができていることが多い。単に本を読むだけではなく、自分の知識としてきちんと吸収している。

f:id:kazuya_nakamura:20170817235402j:plain

  • 勉強とは「入れて、調理して、出す」こと
  • 「入れる」は効率化できる
    • 文章からの情報
    • イベントに参加して五感を使って情報を入れる
    • 二つ以上の五感を組み合わせる
  • 入ってきた情報を「調理して」自分のものにする
    • 本当かウソか?
    • 正しく覚えたか確認する ーサウンドボード
    • 議論をする
    • 話として筋が通っているか?
  • 頭に入れたものは出さないと使えない
続きを読む

マナーが日本を潰す(マナーをやめてイノベーションをやろう!)

『動物農場』という小説があって、そこに出てくるボクサーという馬はとても働き者。「わしがもっと働けばいいのだ」と働き続けるのだけれど、残念ながら働いても問題は解決しない。それでもみんなのために働き続けるボクサーは脚を怪我して働けなくなる。そして働けなくなったボクサーは馬肉業者に売られてしまう。ボクは日本で誰かがマナーについて話をするときにいつもこの『動物農場』のボクサーを思い出してしまう。

  • なんでもマナーの問題にしがちな日本人
  • マナー向上は根本的な問題を隠す
  • イライラをアイデアに変える
    • ドイツ バイエルン市とオランダ ボーデグラヴェン市の試み
    • 中国 重慶での試み
  • イノベーションは問題解決
続きを読む